HOME | 会長挨拶

会長挨拶

2021~2022年度のRI会長シェカール・メータ氏は会長テーマとして「Serve to Change Lives(奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために)」を掲げられました。
持続的なインパクトをもたらすプロジェクトへのロータリアン・ローターアクターの参加意欲を引き出すこと。また他のロータリアンや他団体、企業と手を取り合い、地域社会にインパクトをもたらすプロジェクト、国や世界の人びとの人生を豊かにするプロジェクトを実施してください。と述べられております。
 
RI第2660地区ガバナー吉川秀隆氏は、ロータリーの7つの重点分野の中でも特に「教育の支援」に重点を置きたいと述べられています。
以上のRI会長テーマと地区年次目標、重点施策を参考としながら、2021~2022年度のクラブ方針を次のように決定します。
 
本年度クラブ方針
1. 本年度も新型コロナウイルス感染防止の中での活動ではありますが、奉仕活動に積極的に取り組みます。
2. 多様性を尊重して退会防止に努め、会員増強に努力していきます。
3. IT化の推進を図ります。
4. ロータリーデーの成功に向けて、全会員が一致協力しよう。
 
本年度のクラブテーマ
クラブ方針を実現するために、クラブテーマは「会員相互の絆を深め、奉仕を行う」とします。
クラブ会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。
 

2021~2022年度 大阪天王寺ロータリークラブ
会長  西埜  毅
国際ロータリーのロゴ

四つのテスト

言行はこれに照らしてから

真実か どうか
みんなに公平か
好意と友情を深めるか
みんなのためになるか どうか